末法時代の修道者
完了

末法時代の修道者

翻訳済み: 89 / 89
全章が公開されました

都市生活の中で、私は修道の道を歩んでいます。肾の水を運用して炉の火を生む、陰の魂と陽の骸を利用して神のように遊ぶ。禅の機械を理解することで道を生み出し、外部の悪霊と内部の悪魔を撃退する。修道をし、書を読む。雲が広がり、雲が巻き込む、花が散り、花が開く。私の心は世界の外にありながら、その中に喜びを見つける。大きな隠れ家は世界に隠れ、拙劣さは重い剣先に隠れています。金丹や呪符が何を表すのか?それすらも、万法が一つに戻る道を示す。少し待って、少し待って。白昼に昇天すると言いますか?ふふ、功夫があちこちにあれば、自然と成功が付いてきます......

チャプター