仙道の未開路
進行中

仙道の未開路

翻訳済み: 323 / 399
最後のリリース: 14時間前

悪霊が天を欺く、遍くんばくの骸。一つのピンク色の骸が、蕭紫陽を生死の辺りに引き込み、彼に修行の道に迷い込ませた。 かつて失われた万年の《紫玉生煙》の道典、数多くの秘密を秘め、伝説を引き起こした。 蕭紫陽は稀有な修行の素質を持ち、修行界では彼が三蔵法師となり、皆が彼の魂を奪い、彼の命を奪い、不老不死の近道を盗むため、彼の修行道は危険が随所に溢れている。彼はどのようにして危険を乗り越えたのか? 蕭紫陽の意識の海の中、その紫色の太陽は何なのか?それが最高の修行の資質とどのような関係があるのか?

チャプター