なんと、私はこんなにすごいんだ
進行中

なんと、私はこんなにすごいんだ

翻訳済み: 405 / 1360
最後のリリース: 1日前

李九道は異世界に飛ばされ、修行を積むことに。しかし、修行の素質がない彼はただの人間でいるしかなかった。 やむを得ず彼は運命に身を任せ、暇な時には釣りをしたり、字を書いたり、絵を描いたりして過ごしていた。 ところが、たまに彼のところに来ては魚をせがむ小さな猫は、実は白虎の姿をした妖帝だった。 彼と字を競う白髪の老人は、上古の偉大な力を持つ者だった。 そして、毎日彼に人物画を描くことを頼んでくる絶世の美女は、世俗を離れた仙女だった。 李九道は呆然とした。「なんと、私は隠者だったのか?」

チャプター