妖魔の人生
完了

妖魔の人生

翻訳済み: 252 / 252
全章が公開されました

全ては可能という世界。太陽が西に沈む瞬間、憂鬱な影が家の縁から投げかけられ、全ての輪郭がぼんやりとして見える。この時、遠くから近づいてくるその影が自分が育てた忠実な愛犬なのか、それとも獲物を狙う狼なのか区別がつかない。この時間、善と悪の境界はぼやけ、夕陽の血のような赤に溶けてしまう……太陽が沈むとき、私たちの物語が始まる。バーのオーナー、舒畅はアンティークコレクターで、鑑定界ではそこそこ知られた存在。見た目はだらしなく、金を浪費し、何もせずに生きる日々を送っている。一般的に見れば、舒畅は何もせず、女の子に手を出す、典型的な放蕩息子だ。しかし、ある事故が彼を吸血鬼へと変えてしまった。それ以降、狼になるか犬になるか、全ては一瞬の思いつき次第。彼は孤独になる運命にある、広大な虚無の海を彷徨い、見つめて、待って、彼は飢えている……

チャプター