原来、私は絶世の武神だった
進行中

原来、私は絶世の武神だった

翻訳済み: 446 / 1571
最後のリリース: 10時間前

易枫は修練の世界に転生したが、残念ながら凡人でしかない。仕方なく小さな武道館を開き、生計を立てるために時々鍛冶をし、一代の宗師として過ごしていた。 それがある日、小さな武道館がにぎやかになった。 仙風道骨の老人たちが易枫のキッチンにある包丁を巡って真っ赤な顔をして争っている... 虚空を踏み破る中年男性が毎日、雲の上から易枫の拳を盗み見ている... 国を傾けるほどの美女が自ら侍女になりたいと申し出る... 「私はいつこのような状態になるのだろう?」 「そうだよね!易先生のこの一連の拳法は、見た目は平凡で、気の動きが全くないように見えますが、最高の武意を含んでおり、まさに絶世の武神です!」 易枫:「私が絶世の武神だというのに、私は何も知らないのか?」 皆:「先輩、私たちは理解しています。あなたは大きな戦略を立てているんですね!」

チャプター