蜀山五台の教主
進行中

蜀山五台の教主

翻訳済み: 366 / 626
最後のリリース: 13時間前

岳清は道路を横断していた子供を救うために命を落とし、目覚めたときには蜀山世界の剣仙・岳琴滨となっていた。恩師が既に故人となり、五台派は四分五裂、峨眉派は独り勝ちし、自らを玄門の正統と位置付け、他派を旁門左道と罵った!順応する者は繁栄し、反逆する者は滅びる!修仙炼道は、必ず先人からの遺産が必要;合従連衡は、次世代の手腕次第。――人生は苦しみや老い、病気、死から逃れられない;人々は一筋の生きる希望を求めて競争するだけだ!

チャプター