転生後の不動産大物への道のり
進行中

転生後の不動産大物への道のり

翻訳済み: 366 / 956
最後のリリース: 14時間前

黄文斌はかつて、自分はお金がなくても、妻と子供、両親と共に生活していて、それが幸せだと思っていた。 しかし、父親の重病がその幸せを壊してしまった。 四方八方から借金をして、家や車を売り払い、家族は四面楚歌の状態になり、それでもお金は足りない。 結局、妻に贈った唯一の宝石である結婚指輪まで売り払わなければならなかった。 しかし、その途中で交通事故に遭い、黄文斌は2006年へとタイムスリップしてしまった。 全く新しい人生に立ち向かう黄文斌は誓った、この度はどんな手を使っても成功者になることを、二度と昔の失敗を繰り返さないことを。

チャプター