無上の高人
進行中

無上の高人

翻訳済み: 446 / 1613
最後のリリース: 15時間前

李忆昔は異世界に転生した。しかし、システムは壊れてしまった。この修行の世界で、一人の凡人として、彼は完全に困惑していた。システムの報酬として与えられた庭で暮らし、一歩も外に出る勇気がなかった。しかし、彼が飼っていた犬が実は最高の妖帝であること、彼が気軽に描いた字や絵が数え切れないほどの強者達によって奪い合われ、最高の道を理解する手がかりになったこと、彼が飼っていた魚が九天を越える神龍であること、彼の膝の上で寝ていた猫が凶獣の九頭獅子であること、彼の家の屋根に止まっていたスズメが九霄を跨ぐ大鵬鳥であること、彼の裏庭の桃の木が実は仙界の蟠桃であること、彼の将棋が大道を描くものであること、彼の琴の音色が女帝を万界から引き寄せ、静かに聞き入らせること、最高の修羅、九天魔帝が訪れても彼を公子と呼び下がること…すべてを知らずにいた。そしてついにある日、李忆昔は気づいた。自分が実は無上の高人だということを。

チャプター