Published on

詭秘の主におけるビヨンダーシステムの解析

Authors
  • avatar
    Name
    佐藤 美希
    Bio
    編集長、ウェブストーリー出版、2013年~現在

目次

力の階層制への旅

ビヨンダーシステムは、人々が凡俗を超越しようとする困難な道のりでの成長の階段です。その構造は以下の通りです:

シーケンスとそれらの重要性

このシステムは、シーケンス と呼ばれる階層で構成されており、9から0までの各段階ごとに新たな能力と力が解き放たれます。

  1. 初級シーケンス (9 & 8): 初めて力を体験する入門レベル。
  2. 中級シーケンス (7 から 5): 能力の洗練と強化の段階。
  3. 上級シーケンス (半神 - 4 から 1): 圧倒的な力へと変貌する場所。
  4. シーケンス 0 (真実の神々): それぞれの経路(パスウェイ)の権威に対する支配を意味する頂点。
  5. シーケンスを超えて (偉大なる古代の者): セフィロトとの融合と、関連する経路の権威を掌握する超越レベル。

パスウェイグループ - 神聖への道

ビヨンダーが辿ることができるパスウェイは、特有の能力セットと固有の制約を有する独特の道です。詭秘の主 では、ビヨンダーになろうとする人々が辿ることができる基準化された経路が存在します。

標準パスウェイについての詳細

標準パスウェイは、それぞれが独自のテーマ、力、固有のリスクを持つ神に至る定められた道です。詭秘の主 の核となる要素として、これらのパスウェイはビヨンダーの進化のために複雑な経路を提供します。以下はグループ分けされたパスウェイの詳細と、それぞれのパスウェイがもたらす要素についてです:

グループパスウェイ意義
詭秘の主愚者、扉、誤り欺瞞、空間操作、誤りや抜け道の具現化を含むこのグループは、神秘と未知を巡る力を持っています。愚者が秘密と変革の先導者です。
全能の神吊された男、先見の者、白い塔、太陽、独裁者啓発から支配に至るさまざまな側面を表しています。夢、知識、嵐の領域を統べ、太陽は光と浄化をもたらします。
永遠の闇黄昏の巨人、死、暗黒暗闇の覆いを纏うこのグループは、死、影、巨人が歩く神秘的な黄昏の領域を束ねます。
破局の災禍赤の司祭、悪魔女災厄の能力を操る者たち。赤の司祭は火と災害を引き起こし、悪魔女の経路は自然災害の猛威と魅力を操ります。
知識の魔人完全体、隠者真実と神秘を追い求める者たち。このグループは職人の技と沈黙の中に隠された深い智慧を組み合わせています。
光の鍵運命の輪運命と運気を支配する者、運命の輪は不変に運命の流転を決定します。
起源の女神慈母、月保護と月の奥深い秘密を象徴するパスウェイ。これらは育みと月が持つ神秘性を伝えます。
混乱黒帝、裁定者混沌と秩序が交錯する対比。黒帝は混乱を、裁定者は法と秩序をもたらし、宇宙のバランスを形成します。
悪魔の父鎖されし者、深淵恐るべき変貌と深淵の深遠さを司るグループ。暗がりの深みの底で永遠に鳴り響く鎖の音と共に存在します。

各パスウェイグループは、現実の独特な側面を捉え、神となる道、そして最後には神秘的なセフィロトとの融合へと導きます。これらの経路を進むことは、自己のアイデンティティに常に挑戦をし、現実の境界線を曖昧にするリスクを伴います。

非標準パスウェイの詳細

外界の神々の領域に目を向けると、非伝統的なパスウェイが浮かび上がります。これらは通常のビヨンダーの特性によらず、神々の賜物、すなわち恩恵によって定義されています。これらのパスウェイは独特の力の構成を提示し、その理解を超えた他世界的存在が反映されています。以下では、各種の非従来的なルートおよびそれらの力を授ける神々の謎を明らかにしていきます:

所有者主要パスウェイ説明
不可避の環ダンサー運命と宿命の操り手。このビヨンダーは時間の流れを歩み、運命の糸を紡いだり結び直したりすることができます。祈りと願いは過去、現在、未来に影響を及ぼす不可避の環に向けられます。
退廃の女神悪役混乱と道徳的堕落がこの道で満たされ、受け取った恩恵によって邪悪さが増幅され、権力への渇望と秩序無視が信者の心に刻まれます。
願望の母樹スクルージ強欲と望みの暗い側面に根ざしたパスウェイで、このビヨンダーの能力は欲望を育て、止めどない野望と飽くことない渇望を植えつけます。
定めしものなき霧オレーター不確かさに覆われたこの道は、説得力ある弁論の力を請願者に授け、言葉を真実と錯覚させるほどの魔術的な力で装います。
初源の飢餓ピクシー気まぐれさと暗い影を与えるピクシーの道は、不可解で予測不可能なビヨンダーを生み出します。望みの影を行き交う、まるで蝶のような存在。

各パスウェイグループは、知識、戦闘、死あるいはその他の神秘的な領域など、現実の多様な側面を体現しています。

成り行きとその狂気のリスク

ビヨンダーとしての進化は、自己制御を要する繊細な平衡の綱渡りを意味します。旅は精神的および肉体的な変容に満ちており、狂気への転落が常に潜んでいます。しかし、人としての本質を保持する勇気を持つ者には、神性が待ち受けています。

性別と外見の変化における変容

特定のパスウェイはビヨンダーの性別や外見に影響を及ぼすことがあり、選ばれた道の本質を反映します。これは創造と変容に内在する二面性の映し鏡です。

ビヨンダーの組織化

この超自然的体系を整えることは簡単な作業ではありません。各階層のビヨンダーは、それぞれ独自の特徴を持ち、これらを理解することが重要です。

大古の物のマッピング

シーケンスを超えて: このレベルでは、ビヨンダーは謎に包まれた存在となり、肉体を超えて宇宙と繋がり、領域を形作る力を振るいます。

詭秘の主 のビヨンダーシステムは、力、野心、支配への闘争を織り成す壮大な物語です。非標準パスウェイを探求する旅路であれ、標準パスウェイの階層を昇る道すがらであれ、すべてのビヨンダーの物語はそれ自体が興味深いサガとなり、危険、変貌、究極の真実を求める旅となります。


詭秘の主 を既に知る読者にとっても、初めてこの世界に足を踏み入れた者にとっても、ビヨンダーシステムは創造性の記念碑としてそびえ立ち、私たちに力や進化の限界を上回る、何度でも考え直さざるを得ない挑戦を与えてくれます。

関連小説

もっと見る

ランキング

もっと見る