Published on

詭秘の主(Lord of Mysteries)の全経路

Authors
  • avatar
    Name
    佐藤 美希
    Bio
    編集長、ウェブストーリー出版、2013年~現在

目次

詭秘之主(Lord of Mysteries)の標準経路

標準経路は、詭秘の主(Lord of Mysteries) の神聖なる宇宙を形作る精巧な糸です。この謎多き世界を築いたロゼルは、ビヨンダーたちが追い求めるシークエンス0の真の神への道を指し示しています。各経路は、魅力的かつ危うい力の側面を体現しております。

では、神秘的なこれらの経路を詳しくみていきましょう:

経路グループ中心テーマ具現化
愚者(Fool)欺瞞、全知性、支配霧に仄隠れたエーテリアルな支配者、幾顔もの仮面の裏で画策する。
全能者(God Almighty)全能力、指令、闘争嵐を巻き起こし、空を鎮める雷鳴の覇者。
永遠なる暗黒(Eternal Darkness)夜、霊魂、実存的恐慌永遠の夜想曲を奏でる終焉の予告者。
破滅の災禍(Calamity of Destruction)災厄、火、女性の怒り触れるものすべてを破滅へと導く紅の女船長。
知識の鬼神(Demon of Knowledge)知恵、狂気、技術の奇迹知能が剣となる時計仕掛けの賢者。
光の鍵(Key of Light)命運、幸運、循環時を行き来し、運命を紡ぐ銀色の蛇。
起源の女神(Goddess of Origin)誕生、生命、多産万物が育ち、枯れゆく慈母。
無秩序(The Anarchy)混沌、無法、反逆秩序を冒涜し、無秩序を至高とする嘲笑の王。
悪魔の父(Father of Devils)腐敗、突然変異、異界の恐怖鎖に繋がれた恐るべき怪物が、深淵より恐怖を振りまく。

詭秘之主(Lord of Mysteries)の非標準経路の探求

非標準経路は、ロゼルの冒涜の石板に記されていないもので、人類の理解を超えた外界の神々と関係しています。未知に魅了されるビヨンダーにとって、これらの経路は類い稀な冒険と未命名の危険を約束します。

次のような既存の秩序に挑む神秘に満ちた危険な道をご紹介します:

非標準経路特長暗黒の後見人
必然の円環(Circle of Inevitability)宿命を司る者、可能性の運命を操る者彼らの奇妙な旋律に合わせて踊る宇宙の罪人たち。
混沌の子(Son of Chaos)無秩序を統べる者、予測不可能な気まぐれの監督者逃れ難い混沌の子そのものから力を得る者たち。
堕落の大母神(Mother Goddess of Depravity)堕落を促す者、ねじれた生命を育む者深淵の淵深くから命を司る邪悪な大母神の信奉者たち。

至高の力ヘの道—セフィロト

セフィロト—これらの不可解な力の結び目は、単なる凡俗の業からは至れない領域への通路です。各ビヨンダーが身と心の限界を越えて至るべき極点であります。

既知のセフィロトの一覧

詭秘之主(Lord of Mysteries) の宇宙は、力の経路で溢れ、以下に述べるセフィロトは、ただ神聖なる始まりを告げるに過ぎません。

セフィラ守護する経路神秘的連関
混沌の海(Chaos Sea)未来予知者(Visionary), 太陽(Sun)想像力と予知の領域。そこでは時間も現実も意志の前に屈服します。
セフィラの城(Sefirah Castle)愚者(Fool), 誤謬(Error)欺瞞と救済の幕が引かれ、絶対的主権が現される賢者の領域。
永遠の暗黒の河(River of Eternal Darkness)暗黒(Darkness), 黄昏の巨人(Twilight Giant)夜もすがる暗闇をつくり出す終わりなき流れ。沈む夕陽の静寂な余響に抱かれる。

詭秘之主(Lord of Mysteries) の宇宙は経路と可能性に満ちており、セフィロトに深く刻まれた遺産とともにビヨンダーの昇華が進むにつれ、宇宙は広がり、新たな扉が開かれ、未だ見ぬ謎が明かされ、見知らぬ道が幾重にも展開されていきます。

経路の適応

ビヨンダーの経路ごとの特異性は、彼らの能力と追及のリスクを定義しています。これらの神聖な遺物は、それぞれの経路の極点を象徴し、ビヨンダーが生涯をかけて追い求める目標となります。

経路特異性所有者
愚者(The Fool)透明な仮面クライン・モレッティ(愚者)

教団と秘密結社

教団と秘密結社は、神秘の世界における支えであり、各経路に調和した指導、リソースの提供、そしてしばしば制限をビヨンダーたちに与えます。

永夜女神の教会

関連経路教会の役割経路の能力
暗黒(Darkness)夜を育成影を操り、霊魂と囁き合う

愚者の秘密結社

  • 創設時期: 第四紀
  • 一致: 愚者(The Fool)の経路
  • 役割: 秘密を抱え、隠された野心を持つビヨンダーを集める

力の掌握に留まらず、各組織は政治と権力の舞台で巧みな動きを見せ、一つ一つが支配と影響力を巡る機転を利かせます。

タロットの引力

神秘に満ちたタロットクラブの各メンバーは経路の融合を体現し、運命と策略の綾を織りながら、力と秘密性の危険な舞を踊ります。

タロットメンバークラブにおける役割
愚者(The Fool)クライン・モレッティ全知全能の指揮者

キャラクターたちがこれらの神聖な経路を辿るとき、彼らは絶えず制御のための戦いに挑み、究極の真理への到達を目指してバランスを求め続けます。『詭秘の主(Lord of Mysteries)』の経路は、単なる力への道ではなく、この神秘的な世界の幕を解き明かすために、人々がどれだけ遠くまで進むかの証でもあります。


私たちと共に力の道を辿り、『詭秘之主(Lord of Mysteries)』の核心に隠された真実を解き明かしましょう。全能者の明るい頂に呼ばれようと、深遠なるアビスの闇に誘われようと、それぞれの経路は自体が語る壮大な物語です。

関連小説

もっと見る

ランキング

もっと見る