Published on

『詭秘の主』における外なる神々

Authors
  • avatar
    Name
    佐藤 美希
    Bio
    編集長、ウェブストーリー出版、2013年~現在

目次

外なる神とは?

外なる神々、あるいは「宇宙」とも称される者たちは、『ロード・オブ・ミステリーズ』宇宙の果てに君臨する最上の力。彼らは力と謎の象徴であり、多岐にわたる「道」を統治し、自らの謎に満ちた目的で地球へと意志を向けています。以下、目立つ外なる神々をご紹介します。

#外なる神統べる道陰謀と秘密結社
1魔淫の大母神月と母の道を治め、運命と肉の神秘の紋様を紡ぐ。ローズ教団と生命教団を通じ、凡人と永遠の者たちの心を揺るがし、支配と混沌の永遠の舞を演じる。
2混沌の子ブラックエンペラーと正義者の領域を支配し、無秩序と秩序の世界を宰領する。高貴なタマラ家が彼の暗い影に属し、秩序と混沌の静謐なる交響曲を奏でる。
3欲望の母樹鎖されし者と深淵を支配し、測り知れない深海のセイレーン。彼女の無尽蔵の井戸から権力を吸い上げるローズ教団の捻じ曲がった根は、切望と絶望の跡を残す。
4不可避の円環舞踏者の踏みしめる地を旋律に乗せ、時の流れを見守る守護者。罪人たちの厳かな殿堂でその天上の円舞曲のささやきが響き、運命の鐘が鳴り響く。
-高次元の監視者目に見えない、宇宙的な監視者。虚空に包まれ、多元宇宙の散在を静観する。
-超新星の支配者星々の間を跨ぐ巨人で、未だ鍛えられぬ潜在的な炎に包まれている。荒涼たる広がりで警戒を怠らず、天の定める時をその身に待つ巨人。

これらの他にも、『ロード・オブ・ミステリーズ』の世界に深い波紋を投じる、ユニークな影響力を持つ存在が数多く存在します。

注: 魔淫の大母神、欲望の母樹、混沌の子は、元始の創造主によって生み出されたため、特に強い影響力を持っています。彼らの一部が地球に引き寄せられたため、今はかつて自分たちのものだったものを取り戻そうとしています。

腐敗を招く視線

これらの神々についての知識を深めることはリスクを伴います。外なる神々について深遠な知識を得た者は「視線」の対象となり得ます。すなわち、彼らの微妙な影響を受けたり、あるいは直接侵されたりする危険があります。外なる神々と関わる際は、魅惑的でありながらも破壊的な性質を持つ彼らに注意深く対処しなければなりません。

守りを固めるバリア

創造主の遺した力により生じた見えざるバリアが、外なる神々の圧倒的な力から地球を守っています。しかし、時代が進むにつれて、この保護バリアは衰退し、人類の盾は次第に危ういものとなりつつあります。

必至となる侵入

バリアが弱まることで、地球を破壊し、支配しようとする存在たちの侵食は避けられません。外なる神々の影響に対抗し、世界が陥落する運命から守るための、時に対する闘いが始まっています。

要するに、『ロード・オブ・ミステリーズ』の外なる神々は、すでに陰謀に満ちたこの宇宙に、さらなる神秘、緊張、そして広大なスケールを加えています。彼らは小説の世界構築の卓越性を証明し、その宇宙的建築がどれほど壮大かつ計り知れないものかを示しています。読者として私たちは、彼らが織る壮大な景色にただ驚嘆する存在に過ぎず、彼らの影が人類の運命に及ぼす影響を見守り続けています。

関連小説

もっと見る

ランキング

もっと見る