Published on

「詭秘の主」における神々

Authors
  • avatar
    Name
    佐藤 美希
    Bio
    編集長、ウェブストーリー出版、2013年~現在

目次

序列の神々の議会

地上のエンジェルから超越したグレート・オールド・ワン(偉大なる古なるもの)に至るまでの階層についてご紹介しましょう。

エンジェル — 補助的な神々

序列 1 と 2 のビヨンダーであるエンジェルは、かつて補助的な神々として崇められていました。彼らは神話の生き物に似た形態を持ち、人間性と合理性に留まるためのアンカー(錨)が必要です。

既知のエンジェル:

エンジェルの名前序列パスウェイ
アモン2(エンジェルの王)エラー
アダム2(エンジェルの王)ヴィジョナリ
サスリル2ハングドマン

神々 — 真の支配者

序列 0 は神格化を意味し、ビヨンダーはそれぞれのパスウェイにおいて神となります。

既知の神々:

神の名前パスウェイ
エバーナイト・ゴッデスダークネス
トゥルー・クリエータハングドマン
アダム(昇格後)ヴィジョナリ

グレート・オールド・ワン — 序列を超えて

序列を超えたグレート・オールド・ワンは、伝統的な限界を超越し、パスウェイグループのセフィロト、特異性、そしてより上位の序列を統合しました。

既知のグレート・オールド・ワン:

名前パスウェイクラスタ
ザ・フール(クライン・モレッティ)ロード・オブ・ミステリーズ・グループ
アダム(超越した姿)ゴッド・オールマイティ・グループ

パスウェイグループとそのガーディアン

それぞれのパスウェイグループは、神々の時代から神聖な階層に結びついている強力な血統、エンジェル・ファミリーズによって守られています。以下は第4時代の注目すべきエンジェルファミリーズです:

タダール帝国

家系名パスウェイ
タダールレッドプリースト
アンティゴヌスフール

トルンソエスト帝国

家系名パスウェイ
トルンソエストジャスティシアー
サウロンレッドプリースト

ソロモン帝国

家系名パスウェイ
ソロモンブラックエンペラー
ザラツールフール

エンジェルたちと彼らの遺した痕跡

エンジェル、セインツ、そして神々は「ロード・オブ・ミステリーズ」に消し去ることのできない痕跡を遺し、力と神性の流れに影響を及ぼしています。エンジェルから神へと至る道のりは危険に満ちていますが、この闇に満ちた世界で行使できる非凡な力の証です。

結論

「詭秘の主」における天の階梯は、信仰、力、そして神秘が複雑に絡み合う世界の証しです。この領域の神々は、しばしば遠く離れた存在としてビヨンダーの運命に影を落としますが、神秘の空の下で永遠の物語を紡ぎ出しています。序列を通じて、我らは彼らが持つ全能の力の痕跡だけでなく、凡庸な人間が神に近づき、永遠の残響の中で伝説を紡ぎ出す道を見出すのです。

関連小説

もっと見る

ランキング

もっと見る