Published on

時代のサイクル:『詭秘の主』の歴史的な年表を辿る

Authors
  • avatar
    Name
    佐藤 美希
    Bio
    編集長、ウェブストーリー出版、2013年~現在

目次

時代の展開

『詭秘の主』における歴史は、幾多の時代にわたる出来事で織りなされた豊かなタペストリーです。無秩序だった宇宙の創世から、確立された教会の階級制度に至るまで、各エポックは独自の特徴を持っています。

前時代 - 夜明け

広大な虚無から、原初の創造主が目覚め、秩序ある宇宙を創造した。

- 原始創造主が分裂し、宇宙に未来の神々の種を蒔く。
- 天地の尊者三柱といった伝説上の存在が目覚める。
- 天変地異が地球を改変し、人類の歴史の土台を作り上げた。

第一時代 - 混沌の時代

超自然的存在と最初の古代神々の支配の下で、人間の種族は生き延びるために苦闘する。

- 初期文明期に暗黒が広がる。
- 超自然的エンティティと初代古代神々が支配を誇る。
- 人類が登場し、未来の大転覆の礎を築いた。

第二時代 - 暗黒の時代

恩恵と暴虐をふるう支配者のもとで、帝国は興亡を繰り返す。

- 古代神々の八柱が短期間権勢を振るうが、長続きはしなかった。
- 古代太陽神が既存の秩序を乱し、冒涜の碑と薬剤のシステムを導入し、秩序を創建。
- 東の大陸が孤立し、後に“神々の忘れ去られた地”として知られるようになる。

第三時代 - 世紀末の大変動

古代太陽神の終焉が抑圧の終わりをもたらし、信仰の本質を呼び覚まし、新たな神々が生まれる。

- 世紀末の大変動が社会および魔術の秩序を再構築する。
- 教会と秘密結社が誕生し、政治と魔術の世界に広がる。

第四時代 - 神々の時代

神話の存在が地上を歩み、文明が神々の統治と高度な知識の受容を迎える。

- 皇帝が神々の支援を受け鉄の手で統治。
- 四人の皇帝の戦いが大地を荒廃させ、終焉の序曲を奏でる。
- 蒼白時代は、繰り返される災難と悪の封じ込めの最終章を飾る。

第五時代 - 鉄の時代

蒸気と機械が進歩した近代において、古の秘密がかき立てられ、新たな力が興隆する。

- 植民地主義と迅速な産業化の時代が始まる。
- ローステッド列島愚者の教会誕生。
- 大スモッグと世界大戦の勃発が不穏さと変容を促す。

世代横断の記録

時代の連なりを理解することで、世界の運命を決定づける注目すべき変化に対する深い洞察が得られるだろう。

時代主な出来事
前時代宇宙の目覚め: 原始創造主の目覚めにより宇宙は生を受け、最古の偉大な存在たちが姿を現す時代が幕を開ける。
第一時代神話時代の幕開け: 古の神々に創られ形作られた異形の種族が力を誇示し、未開の世界でその遺産を築き上げる。人類は巨人たちの中で自らの地位を求め、力ずくで運命を掴もうとする壮大な物語の序章が始まる。
第二時代人間の台頭: 古代太陽神の出現は革命的であり、古い秩序を揺るがし人類の地位の向上を約束する光明を示す。この時代は、古の神々から運命を奪い取る人間たちの物語が予感される。
第三時代権力の集結: 古代太陽神がこの世の至高の存在として君臨し、歴史上前例のない統一の時代が築かれる。その統一の中で、人類の魔術への渇望が増し、実際の現実を再形成する新たな時代が開ける。
第四時代神性の支配: 新たな神々の陰で、大教会が台頭する。人間は神々の使者と共に歩み、信仰と教義が生活のすべての側面と密接に結びつく時代を彫り上げる。
第五時代ビヨンダーの時代: 工業化の夜明けが影の存在であったビヨンダーたちを表舞台へと導き、神秘がもはや伝説ではなく、現実となり世界を根底から変える時代を迎える。

『詭秘の主』と共に時を越えて旅を続けましょう – なぜならここでは過去が現在にその影を落とし、未来は過ぎ去った時代の解明された謎にかかっているからです。

関連小説

もっと見る

ランキング

もっと見る